teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


映像

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2017年 3月22日(水)22時44分42秒
  一平さん

早速のお返事ありがとうございます。
番組では、何年のどの番組、という表記はありませんでした。
フジテレビ系列の番組なので、フジテレビの番組かと思います。
フジテレビでハイファイが出ていそうな番組は、
「ミュージックフェア」ぐらいかなと思っていたのですが
「SOUND ARENA」という番組もあったんですね。
YouTubeで削除されていたのは…非常に残念です。フルで見たかった
 
 

記憶違い…

 投稿者:一平  投稿日:2017年 3月22日(水)20時52分23秒
  ちょっと気になって調べてみましたが、フジテレビ系の「SOUND ARENA」だったようです。
映像も一時YouTubeに上がっていたんですが、今は削除されているようですね。
 

「翼をください」

 投稿者:一平  投稿日:2017年 3月22日(水)20時29分27秒
  はらっぱさん、情報ありがとうございます。
その映像って、いつ頃のものでしたでしょうか?
大川さんがもう眼鏡をかけていない、'90~'93年あたりのものだとしたら、当時リアルタイムで見ていたかもしれません。
たしか、「ミュージック・アリーナ」という民放の番組だったと思います。
まだビデオデッキを買う前だったので、ラジカセをテレビに繋いで音声だけ録音したのを懐かしく思いだしました(笑)
演奏前のMCでは、たしか大川さんだったかな?歌いながら演奏するのは久しぶりなので緊張します、なんて話してらしたように覚えてます。
 

春の名曲100選第77位

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2017年 3月22日(水)20時17分29秒
編集済
  フジテレビ系列で放送されている「1万5千人が選ぶ春の名曲100選」を何気なく見ていたら
第77位で、ハイ・ファイ・セット名義で「翼をください」が流れました。
ハイファイ時代はあまり歌っていなかった楽曲であり
しかも、たぶんミュージックフェアか何かの映像だと思うのですが
潤子さんギター、俊さんギター、大川さんベースという楽器を持っての演奏の映像でした。
録画してなかったのが残念…

実は、そのちょっと前、第80何位かで「卒業写真」が選ばれていたのですが
そちらが、いつものように「ユーミン」名義で、
曲の紹介字幕にハイファイの“ハ”の字も表示されなかったので落胆していたので
上記の「翼」はいいサプライズでした…「赤い鳥」名義じゃなかったところが微妙ですが…(苦笑)

koujirouさん、いつも楽しいコンサートリポート、ありがとうございます。
俊さんのMCまで書いてくださって、嬉しいです。

俊さんが亡くなられて、もう丸3年(四回忌)ですね…(涙)
 

コンサート・リポート’88年”Eyebrou”

 投稿者:koujirou  投稿日:2017年 3月 4日(土)13時46分5秒
編集済
  Hi-FiSet Eyebrow ConcertTour’88

1. プラトニックしましょ
2. サブリナ
3. とりあえずNARITA
4. マジック・マウンテン・レディー(パサディナパーク)
5. 誰か踊ってくれませんか(ジブラルタル)
6. スローナンバー
7. 眠い朝(ラブコレクション)
8. 気まぐれトランプ(閃光“Flash”)
9. 土曜の夜は羽田に来るの(シングル「スカイレストラン」B)
10. レディー・グレイ(SWING)
11. 観覧車
12. シャドー・ラブ
13. Pink Sand Dune
14. 寒い朝
15. Java Jive(マンハッタントランスファーなどのカヴァー)
16. Two in The Party(クオーターレスト)
17. 危険なフレンドシップ(3NOTES)
18. 負けるが勝ち(I miss you) 大川さんリードボーカル
19. 気があいすぎて(1&2)トシさんリードボーカル
20. Too Hot Day
21. DAY LIGHT(新曲、後にライブアルバム「コレクション」収録)
アンコール
1.素直になりたい(パサディナパーク)
2.Good bye school days(パサディナパーク)

僕は大阪フェスティバルホールに行けなかったので、ちょっと遠い6月の京都会館まで行きました。
今回、オープニングから、チョロさんこと広松みわこさんが4人目のメンバーとして登場、振り付けにも参加して、オープニングは「プラトニックしましょ」ではじまりました。
歌い踊ったあと、トシさんの「サーカスです」に会場大爆笑。

実はこのコンサートないで、次の(秋の)コンサートはライブアルバムになるので、アンケート用紙にリクエスト書いてくださいね、なんてことを大川さんトシさんから告知されました。
7曲目から10曲目は”隠れた名曲コーナー”で、会場に来てるみんなが、それぞれの曲をどれだけ知ってるか、歌う前に曲名を行って拍手で人気リサーチしたんですが、1番人気は「土曜の夜は羽田に来るの」、ついで「レディーグレイ」は拍手が多かったです。
「眠い朝」になるとかなり拍手はすくなく、「気まぐれトランプ」にいたってはパラパラと、ほんの数人(?僕もそのひとり)でした。
これでライブアルバムには「土曜の夜」と「レディーグレイ」は当選確実だなって思いました。

それと「観覧車」が、アイブロウのアレンジをかなり変えてて、このバージョンでライブアルバムに収録するのかな?と思いました(予想は外れ、ライブアルバムには当時の最新アルバムであるアイブロウとジブラルタルからの選曲はしない方針と後でわかりました)。

隠れた名曲コーナーではないところで歌われたジャズっぽいアレンジ「Two in the party」がライブアルバムには収録されましたね。

そして新曲として披露された「DAY RIGHT」もライブアルバムに収録されたのはみなさんご存知のとおりです。

ちなみに次のライブアルバムで歌ってほしい曲として「幸せになるため」「夢うつつ」「下町Loveルネッサンス」とアンケートに書きましたが、ご存知のように、実現したのは「下町~」だけです。

隠れた名曲コーナーで、曲によって、拍手(認知度)に差があることはちょっとショックでした。
オリジナルアルバムにしか入ってない曲「気まぐれトランプ」を知らない人がほとんどってこと・・・つまり会場に来てるファンの中でもオリジナルアルバムを全部そろえてるようなファンはごくわずかなんだなってことを実感してしまったのです。

だから、ライブアルバムでは「冷たい雨」や「中央フリーウェイ」や「海を見ていた午後」なんかの人気曲がえらばれるんだろうな・・・って予想してました(実際はかなりちがってましたね)。
 でも、今回「土曜の夜は羽田に来るの」が聴けたことで、とても満足できました。
ライブアルバムになるという次のコンサートが早くも待ち遠しくもなったし、充実した気持ちで京都を後に帰路につきました。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:一平  投稿日:2017年 1月 3日(火)17時48分17秒
  皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末は、ネットの某所で見つけた60~70年代の洋楽(主にソフトロックと呼ばれるジャンルの)をまとめたサイトを参考に、YouTubeの動画を見ておりました。
そこで気付いたのが、赤い鳥のサウンドと通じるものが多いなあということ。
かといって赤い鳥が洋楽指向一辺倒かと言えば全くそんなことないのは周知の事実で。そういう幅広さを持ってた赤い鳥って凄いグループだったんだなあと、今更のように感じた昨年末でありました。
 

新年あけましておめでとうございます。

 投稿者:cielo  投稿日:2017年 1月 3日(火)09時50分2秒
  ご無沙汰しております。みなさん、お元気でしょうか。
いつもハイフアイセツトに関する情報提供を、いただき、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
 

「村井邦彦の時代」発売

 投稿者:koujirou  投稿日:2016年 9月25日(日)16時24分34秒
  本屋さんで「アルファの伝説 音楽家 村井邦彦の時代」というハードカバーの新刊書を見つけ、さっそく購入しました。
雑誌編集者で音楽ライターの松木直也さんは、おそらく大変な労力を費やして、この本を書かれたと思われる素晴らしい本です。

・・・・が、ハイファイセット・ファンとしてこの本を買うと、ちょっと肩透かしを感じます。
赤い鳥に関する記述はたっぷりあるんだけど、ハイファイセット結成以降の潤子さん周辺の記述は少ないからです。
また、ユーミンと村井さんのコンビによるハイファイセットへの提供曲は「スカイレストラン」「土曜の夜は羽田に来るの」の2曲のみ、と書いておられるのは、松木さんのハイファイセットへの造詣が浅いことがにじみ出てて、悲しくなりました。
「幸せになるため」「星降る真夜中」もユーミン/村井コンビの作品なのに・・・
でもあま、松木さんもきっと今頃、気づいて、第二版からは、改訂されてると思いたいです。
 

見ましたレコードコレクターズ9月号

 投稿者:koujirou  投稿日:2016年 8月15日(月)20時50分14秒
編集済
  はらっぱさん、ありがとう。大貫妙子さんはいつもたっぷりな記事を載せてくれるレコードコレクターズ誌でしたが、ようやく四半世紀もかかって潤子さんを小さく載せてくれるようになりました。
もっと大きく扱ってくれたらもっと、うれしいけど、もともと潤子さん=ハイファイセットを載せない偏向雑誌だったから、ようやくまともま時代になったと感じます。
 

レコード・コレクター誌

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2016年 8月12日(金)22時03分54秒
  レコード・コレクター誌の最新号(9月号/AORの特集)に、潤子さんの5枚組BOXの紹介記事が載っています。
半ページ程度の記事ですが、嬉しいものです。
 

レンタル掲示板
/34