teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


あけましておめでとうございます

 投稿者:一平  投稿日:2017年 1月 3日(火)17時48分17秒
  皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末は、ネットの某所で見つけた60~70年代の洋楽(主にソフトロックと呼ばれるジャンルの)をまとめたサイトを参考に、YouTubeの動画を見ておりました。
そこで気付いたのが、赤い鳥のサウンドと通じるものが多いなあということ。
かといって赤い鳥が洋楽指向一辺倒かと言えば全くそんなことないのは周知の事実で。そういう幅広さを持ってた赤い鳥って凄いグループだったんだなあと、今更のように感じた昨年末でありました。
 
 

新年あけましておめでとうございます。

 投稿者:cielo  投稿日:2017年 1月 3日(火)09時50分2秒
  ご無沙汰しております。みなさん、お元気でしょうか。
いつもハイフアイセツトに関する情報提供を、いただき、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
 

「村井邦彦の時代」発売

 投稿者:koujirou  投稿日:2016年 9月25日(日)16時24分34秒
  本屋さんで「アルファの伝説 音楽家 村井邦彦の時代」というハードカバーの新刊書を見つけ、さっそく購入しました。
雑誌編集者で音楽ライターの松木直也さんは、おそらく大変な労力を費やして、この本を書かれたと思われる素晴らしい本です。

・・・・が、ハイファイセット・ファンとしてこの本を買うと、ちょっと肩透かしを感じます。
赤い鳥に関する記述はたっぷりあるんだけど、ハイファイセット結成以降の潤子さん周辺の記述は少ないからです。
また、ユーミンと村井さんのコンビによるハイファイセットへの提供曲は「スカイレストラン」「土曜の夜は羽田に来るの」の2曲のみ、と書いておられるのは、松木さんのハイファイセットへの造詣が浅いことがにじみ出てて、悲しくなりました。
「幸せになるため」「星降る真夜中」もユーミン/村井コンビの作品なのに・・・
でもあま、松木さんもきっと今頃、気づいて、第二版からは、改訂されてると思いたいです。
 

見ましたレコードコレクターズ9月号

 投稿者:koujirou  投稿日:2016年 8月15日(月)20時50分14秒
編集済
  はらっぱさん、ありがとう。大貫妙子さんはいつもたっぷりな記事を載せてくれるレコードコレクターズ誌でしたが、ようやく四半世紀もかかって潤子さんを小さく載せてくれるようになりました。
もっと大きく扱ってくれたらもっと、うれしいけど、もともと潤子さん=ハイファイセットを載せない偏向雑誌だったから、ようやくまともま時代になったと感じます。
 

レコード・コレクター誌

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2016年 8月12日(金)22時03分54秒
  レコード・コレクター誌の最新号(9月号/AORの特集)に、潤子さんの5枚組BOXの紹介記事が載っています。
半ページ程度の記事ですが、嬉しいものです。
 

夜のプレイリスト(再放送)

 投稿者:  投稿日:2016年 7月 5日(火)21時38分17秒
  皆さん こんばんは ご無沙汰しております。
潤子さんの5枚組BOX、私も購入しました。リクエストした曲は含まれませんでしたが、素敵なBOXセットに大満足です。
はらっぱさんがご紹介された「OTONANOネットラジオ」も興味深く聴くことができました。ありがとうございました。

NHKFMの「夜のプレイリスト」という番組を18時からの再放送でいつも車中で聴いています。
今週は南野陽子さんがお好きなアルバムを紹介され、7月7日(木)18時~はハイファイセットの「Sweet Locomotion」です。
初回の放送(本放送は午前0時~)は聴いていませんのでどんなお話なのか楽しみです。
番組のサイトの再放送のアドレスです。
http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/2/
 

OTONANOネットラジオ

 投稿者:はらっぱ  投稿日:2016年 6月12日(日)08時54分40秒
  ソニーミュージックショップサイト専用の「OTONANOネットラジオ」の
伊藤銀次さんが司会をされている「伊藤銀次POP FILE RETURNS」
第144回・佐藤竹善さんゲストの回の最後のほうで
潤子さんの5枚組BOXのことが取り上げられています。

銀次さんといえば、ハイファイ初期のサポートメンバーとしても活躍、
楽曲の提供者でもあるので、いくつかエピソードを語られています。
竹善さんも、ハイファイセットに対する思い出を語られています。

期間限定の配信なので、お早めにお聴きくださいね。

下記リンクのお二人の写真の上にある、赤い再生マークを押してください。
別のポップウィンドウが開いて、再生が始まります。
  ↓  ↓  ↓

http://www.110107.com/mob/news/diarKijiShw.php?site=OTONANO&ima=4435&id=815&ct=popfilereturns

 

訂正

 投稿者:koujirou  投稿日:2016年 6月 6日(月)14時17分33秒
  「夢うつつ」や「流れ星」がうたわれたのは、90年の秋のコンサートでした。ご免なさい。
コンサートレポートは、88年のアイブロウ・ツアーから、また再開しますので、しばらくお待ちください。
 

ナツメロ喫茶店

 投稿者:koujirou  投稿日:2016年 6月 5日(日)15時53分20秒
編集済
  今、CDを聴きながら渡辺さんのコメントを読み終えました。
瀬尾一三さんがアマチュア時代からの赤い鳥のマネージャーだったことにびっくり。
また、中崎あゆむさんのライナーノーツも読み終え、その素晴らしい音楽的な理解力にお名前を検索してみました。
そして、発見した中崎さんのHP「ナツメロ喫茶店」から、潤子さんの今回のBOXへの中崎あゆむさんの希望曲に、ますます潤子さんのキャリアに対する深い愛を感じました。
中崎さんは音源が発見されない赤い鳥時代の「目覚めた時は晴れていた」の収録を希望されてて、実は僕も知らない曲です。
今回のBOXには収録されていない曲ではハイファイセット時代の「胸のぬくもり」とソロになってからの「Cool」を挙げておられます。

http://www.geocities.jp/cultmandu/review05/review750.html

音源が見つからない「目覚めた~」はともかく、後の2曲は収録されなかったのは惜しいですね。
赤い鳥時代なら「走馬燈」、ハイファイ時代なら「大きな街」「星のストレンジャー」「空港まで」「CONSERT LANE」、「故郷からのAirMail」,ソロなら「好き」など、収録から外れた名曲がまだまだいっぱいありますね。

「胸のぬくもり」は切なさが胸にキュンとくる名曲で、ハイファイブレンド3部作より後で買った1stアルバム「卒業写真」の中で「十円木馬」ともに一番好きな曲でした。

でも、ハイファイセットのコンサートに頻繁に行くようになってから、この2曲や「大きな街」は地味で赤い鳥のイメージだから、ステージで歌われることはないだろうな、と思ってました。
 でも、92年「テンダーラヴィングケア」の春のツアーで、なんと「十円木馬」が歌われたときは感動しました。
でも、「胸のぬくもり」も「大きな街」は僕の行ったコンサートでは聴けなかった。

ちなみに「幸せになるため」は90年のホワイトムーンの春のコンサートで「スクールバンドの女の子」などとうたわれたし、一時期ファンの間で”幻のシングル”と言われてた「夢うつつ」も90年の春のコンサートで「流れ星」などとともに歌われました。

ところで今回のBOX、「窓に明かりがともる時」をライブヴァージョンにしたのは大正解ですね。やっぱり、いいわあ・・・と感動しております。

 

FM大阪テーマ曲は改題?

 投稿者:koujirou  投稿日:2016年 6月 5日(日)13時12分29秒
編集済
  はらっぱさん、もちろんCD化は初めてのはずです。
こんないい曲がしんじられないですね。
ただ、びっくりしたのは曲名が本来は「My Beautiful Music」だったはずが、いつの間にか広まった「ワンダフル・ミュージック」と印刷されてたこと。

サーカスの曲に同じ竜真知子さん作詞で同じタイトルの曲があり、これはありえないと思いました。

実はファンクラブから配布された未発表曲集カセットに「ワンダフル~」と表記されてたのが最初の間違い(?あるいは、その時点で改題が決定してた?)。
84年ころに、雑誌「FMステイション」誌で、はじめてこの曲の存在をしったのですが、その時は「My Beautiful~」という曲名でした。
ファンクラブ会報のQ&Aコーナーにも「My Beautiful~」と答えてたし、バード企画内でその後に改題されたのかな?

「竹田の子守歌」はシングルバージョンのほうが良かった。
トシさんがファンクラッブ会報「Hi-Fi Times Extra」で、自作曲の中で一番好きだと言ってた「フィッシュ&チップス」入れてほしかった。

大川さんが”I miss you”コンサートのステージで「僕たちの最高傑作」と言ってた「下町Loveルネッサンス」も外してほしくなかった。

でも「My Beautiful Music」が日の目を見たことは大快挙です!!
「夕なぎ」や「もう海には誘わないで」などのファンの耳にも触れる機会のすくない隠れ名曲がしっかり収録されてることもうれしいです。
そして「浪漫鉄道」が潤子さんのアルバムとして初収録されたのももうれしいです。
このうえ「スクエア・ライトラブ」も欲しかった、なんていえばバチがあたる贅沢ですね。

ありがたいアルバム(BOX)です。
バードの渡辺社長のコメントを今から読んでみます。
 

レンタル掲示板
/34