teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:44/88 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

さすが、天下のフジテレビ

 投稿者:福田  投稿日:2010年 8月24日(火)15時26分7秒
  通報 返信・引用
   ドクタースランプでアラレたちが大都会島アメリカンハイスクールと野球の対決をした時、空豆タロウからリリーフして、アラレがピッチャー、オボッチャマンがキャッチャーで、バッターは大都会島アメリカンハイスクールの4番投手のライス・カレー。
 このとき、アラレとオボッチャマンはスローボールで三振にきってとります。
 このとき、スローボールにテレビではちゃんとハエが止まっていました。
 これは、まえにフジテレビが「野球狂の詩」をやっていましたから、たぶんのそのパロディで、もうひとつは、そのまえに星飛雄馬vs鉄腕アトムの野球対決で飛雄馬がスローボールでアトムを三振にとっています。
 アトムもライスも速い球しか考えなかったのでこのような結果になったのです。
 テレビではアラレは21番の背番号をつけていました。
 これは、昭和の阪急の名投手今井雄太郎からとったのでしょう。
 アラレが原作で中学生の時、飲酒で黄緑あかねとともに怒られるシーンが在りましたから。
 一方、オボッチャマンは原作では背番号は最初は4番をつけていましたが。いつの間にか5番をつけていました。テレビでは5番の背番号のままでしたけど。
 オボッチャマンは4「殿間」、5「岩鬼」という風に自己催眠をかけていたのかのかな。
 一方テレビは三塁手の背番号として、5を選んだにしては疑問があります。
 オーダーや守備位置はじゃんけんだったから、たぶん「キャラメルマン4号」の過去を拭い去るために、4に1を足して5にしたのかな。
 
 
》記事一覧表示

新着順:44/88 《前のページ | 次のページ》
/88